Array 関数は、指定した要素で作成された配列を返します。

複数の値を一度に配列として作成したいときに使用します。

最も基本的な関数の1つです。

構文

Array(val)
値を含んだ配列を作成します。

引数 val 文字列、数値、日付など何でも指定できます。
戻り値の型 Variant 型の動的配列

解説

作成される配列は動的配列で、最初のインデックスは0からスタートします。