誤って必要なファイルを削除しないように、パスには注意してください。

Dim fso As FileSystemObject
Set fso = New FileSystemObject ' インスタンス化

Call fso.DeleteFile("D:\Tips.txt", True) ' 指定したパスのファイルを削除

'初期化処理
Set fso = Nothing
fso.DeleteFile関数で指定したパスのファイルを削除します。

第 1 引数に削除するファイルのパスを指定します。ファイルが存在しないときはエラーが発生します。パスにはワイルドカードを指定できますが、詳しくは下記の「複数のファイルを削除」をご覧ください。

第 2 引数に True を指定すると読み取り専用のファイルを削除できます。False または省略すると読み取り専用のファイルのときはエラーが発生します。