StrComp 関数は、文字列を比較します。大小や等しいかを比較できます。

構文

・省略あり

StrComp(str1, str2)
str1とstr2を比較した結果を返します。

・省略なし

StrComp(str1, str2, mode)
比較モードで大文字と小文字を区別するか指定できます。

引数「str1」 文字列を指定します。
引数「str2」 文字列を指定します。
引数「比較モード」 省略できます。大文字と小文字を区別して比較するかを指定します。
戻り値の型 数値型 (Integer)

引数「比較モード」
単位 説明
vbBinaryCompare (既定) 「大文字と小文字」、「半角と全角」、「ひらがなとカタカナ」を区別する。
vbTextCompare 区別しない。

解説

StrComp 関数で比較した結果は次の値を返します。
結果が0なら等しい、それ以外のときは等しくないを意味しています。

比較 結果
str1 < str2 -1 str1 = str2 0 str1 > str2 1
str1 か str2 が Null Null

引数「比較モード」にvbTextCompareを指定すると区別しないで比較できます。