'---------------------------------------------------------------
'関数名:getHTMLSource
'内容:ヘッダーからボディーまでの全てが入ってるソースを取得
'引数1:IEオブジェクト
'戻り値:HTMLソース
'---------------------------------------------------------------
Function getHTMLSource(ByVal objIE As Object) As String
    Dim objItem As Object
    Dim src As String
    For Each objItem In objIE.document.all
        src = UCase(objItem.innerHTML)
        If InStr(src, "") Then
                getHTMLSource = objItem.innerHTML
                Exit Function
            End If
        End If
    Next objItem
    getHTMLSource = ""
End Function

解説

非常に便利な関数です。
特に難しいことはしてなく単純にallの全要素をFor eachで回して、Headの開始タグとBodyの終了タグが入ってたらソースの入った戻り値を返してます。 これでどのサイトもこの関数でHTMLの全ソースが取得出来ます。